クリアネオの評判が悪い理由を知ってますか?

皆さんはクリアネオという商品をご存知ですか。

数々のメディアや雑誌、ランキングに登場するなど人気が出てきています。

この商品は、多くの方が経験する臭いの問題に対してすごく効果のある商品のようです。

クリアネオをご使用の方も多く、使ってよかったという口コミが多く見られます。

これらの事からもクリアネオの性能はいいのではないかと思われます。

しかし、どんなにいい商品でも悪い評判というのはある程度言われることがあると思います。

クリアネオも例外ではなく、いい評判が多い反面悪い口コミも少数ですが見られます。

今回はクリアネオがなぜ評判が悪いといわれるのか調べてみました。

クリアネオの悪い口コミを集めてみた

評判を調べるにあたって一番説得力のあるものは実際に使った方の感想や、口コミですね。

クリアネオについて悪い口コミを見てみると、以下のような事が言われています。

・一度塗っても汗により効果が持続しない

・効果時間が短く、朝塗っても日中持たない為に塗りなおしや、結局臭いが気になる

・クリアネオを使用しても制汗作用が感じにくくすぐ汗をかいてしまう。

価格面で高く感じ、コスパを考えると長期的に使いにくい。

等の口コミがあるようです。

その反面、良い口コミも多くみられています。

いい口コミの例としては

・朝使用すると夜まで臭いが気にならくなった。

・汗も抑えられ、臭いも軽減されてコミュニケーションを積極的にとれるようになった。

・規定の使用量でしっかりと塗れており、製品自体の臭いも気にならない。

上記のように悪い口コミとは正反対の口コミが出てきます。

全体的には良い口コミの方が多い印象ですが、なぜ悪い口コミが出てくるのでしょうか。

クリアネオの評判が悪い理由

「クリアネオの悪い口コミを集めてみた」で書いたように悪い口コミが評判を下げているようです。

まとめると

・抑臭効果が低い

・制汗効果が低い

・価格が高い

この3つに評判を悪くする理由が集まるようです。

良い口コミが多い商品なだけに評判が悪くなるのは残念ですね。

そこで、クリアネオの評判が本当に悪いのか調べてみました。

まず、使用した際の抑臭効果が得られない理由についてですが、これには以下の理由が考えられます。

適正量を使用していない

汗で流れて塗りなおしても効果が持続しない

上記2つが考えられます。

口コミを見ていると稀に高価なため、標準の使用量を使用していない方がいるようです。

クリアネオの公式HPによると、1日の使用量は6プッシュを目安にと書いてあります。

なので、それ以下の使用量では効果を得るのは難しいですよね。

また、もし効果が得られにくい場合は塗りなおし、またはプッシュの回数を増やす必要性もありそうですね。

このような問題に対しては適正な使用量を守ることで改善すると思われます。

次に、汗で流れて塗りなおしても効果が持続しない場合についてです。

臭いのもとはアポクリン腺から出てくる汗・老廃物とされています。

その物質を菌が分解する際に臭いが発生するとされています。

クリアネオの殺菌効果は99.999%といわれています。

これは、イソプロピルメチルフェノールと呼ばれる成分によるものです。

しかし、いくら有効な成分を含んでいても流れてしまっては効果が得られにくいですね。

塗りなおす際には一度しっかりと汗を拭きとり塗りなおすことをお勧めします。

クリアネオにはパラフェノールスルホルン酸亜鉛による制汗作用があるといわれています。

加えて、デカメチルシクロペンタシロキサンというシリコンオイルの一種が含まれています。

この物質は撥水性がありさらっとした感覚になるようになっています。

クリアネオはこの二つの成分が配合されており、制汗作用に加え撥水作用により汗に強い成分配合となっています。

運動時の汗でも落ちにくかったという口コミもあるほどです。

ではなぜ汗で落ちてしまうという口コミがあるのでしょうか。

それは多汗症が関係している可能性があります。

多汗症とは体温に関係なく大量の汗をかいてしまうことといわれているようです。

原因としては、身体の失調や精神的ストレスなどいろいろなことが考えられているようです。

クリアネオは多汗症に対しても有効成分のおかげである程度の効果は見込めそうです。

しかし、あまりにも大量の汗に対しては塗っても流れてしまう可能性があります。

そのような場合には塗りなおしはもちろんですが、多汗症の原因となるものに対しての直接的なアプローチも必要になるかもしれませんね。

先ほども書きましたが、臭いは老廃物を菌が分解することによるものです。

その菌に関しても蒸れやすい環境では繁殖しやすくなってしまします。

特に男性は体毛が濃ゆいことが多く、蒸れやすい環境にあるといわれています。

そのような場合は短めにカットすることで蒸れを軽減できます。

女性でもあっても下着の締め付けにより蒸れやすくなります。

男女ともに特有の蒸れやすさがあるのでその対策をすることも必要そうですね。

いろいろ調べた結果、クリアネオ本体の問題というよりは使用方法や蒸れないよう等環境面の影響が強いと感じました。

クリアネオは他の商品に比べやや価格が高いといわれています。

しかし、臭いに対する効果もよくストレス軽減できる点、定期便にて割引価格にて買えることや種々の嬉しいサービスが付くことを考えると対費用効果はいいのではないでしょうか。

また、多汗症や、わきがが特に重度な場合はクリアネオも一定の効果を得られますが、原因に対しての直接的なアプローチも必要そうです。

クリアネオは黄ばみ対策につかえる

クリアネオはわきがや汗による臭いを抑えることが分かりました。

臭いも気になりますが、汗やわきがによるシミ、黄ばみも気になりますよね。

大事な服であればあるほど黄ばみが気になってしまします。

クリアネオの評判を調べていると黄ばみやしみに聞くという口コミも何件かありました。

クリアネオが実際にどの程度黄ばみを防いでいるか調べてみました。

まず黄ばみの原因についてですが、これにはアポクリン腺から出ているリポフスチンという物質が関わっているようです。

これは色素成分であり、わきがが重度であればあるほど大量にでてくるといわれています。

この色素成分が出て服に染み付いた結果黄ばみを作るといわれています。

なので、黄ばみが強い方はわきがを疑った方がいいかもしれません。

クリアネオは殺菌、制汗の両方の有効成分が配合されています。

その制汗作用によりリポフスチンの分泌を抑えることが考えられます。

クリアネオを使用した方たちの感想としては、臭いの軽減とともに黄ばみ等が軽減していると感じる方が多いようです。

しかし、制汗作用によりまったく汗をかかないという事はないため、完全に黄ばみをなくすことは難しいようです。

黄ばみを完全に抑えることはできませんが、軽減されたことにより洗濯にかける労力や黄ばみに対するストレスの軽減は図れるようです。

完全に黄ばみを抑えることができなくても、労力やストレスの軽減はすごく意味があると思います。

黄ばみはわきがと関係が深いため、臭いのケアと同時に黄ばみがある程度軽減されるのであれば、クリアネオを使う価値はあるのではないでしょうか。

ここまでクリアネオの評判が悪い理由について調べてみました。

かなり重度なわきがや多汗症等ではない限り使用方法を工夫すれば臭いに対する効果を望めそうです。

また、臭いだけでなく黄ばみに対しても一定の効果があるようです。

なので、クリアネオは総合的には優秀な商品であり、一度試す価値は十分にありそうです。

クリアネオ すそわきが